QUICPayご利用ガイド iPhone

iPhoneにカードを設定する

お持ちのカードをアプリに読み込むだけで、簡単に設定できます。

  1. 1. QUICPay対応カード

    QUICPay対応カードをお持ちでない場合は、下のページからカード発行会社を選択し、お申し込みください。

  2. 2. iPhone

    お持ちのiPhoneに「Wallet」アプリがインストールされていることをご確認ください。

    iPhone Walletアプリ
    • 「Wallet」アプリが見当たらない場合は、下のリンク先で確認・ダウンロードできます。
    • Apple Payを利用するにはiOS 12.5.2以降が必要です。Apple Payに対応しているデバイスについてはhttps://support.apple.com/ja-jp/HT208531をご覧ください。
    iPhone Walletアプリ

iPhoneへの設定手順

iPhoneの「Wallet」アプリを起動します。
1

iPhoneの「Wallet」アプリを起動します。

「追加」または右上の「+」を選択します。
2

「追加」または右上の「+」を選択します。

Apple Payの説明を確認し「続ける」をタップします。
3

Apple Payの説明を確認し「続ける」をタップします。

カードの種類では「クレジット/プリペイド」を選択します。
4

カードの種類では「クレジット/プリペイド」を選択します。

カードを読み込むためのカメラが起動します。追加したいカード情報をカメラで読み込むか、カード情報を手動で入力します。
5

カードを読み込むためのカメラが起動します。追加したいカード情報をカメラで読み込むか、カード情報を手動で入力します。

画面の指示に従ってお名前やカード有効期限、セキュリティーコードなどの情報を入力し、画面右上の「次へ」をタップします。
6

画面の指示に従ってお名前やカード有効期限、セキュリティーコードなどの情報を入力し、画面右上の「次へ」をタップします。

規約を確認し、右下の「同意する」を選択します。
7

規約を確認し、右下の「同意する」を選択します。

カードがWalletに追加されたら、右上の「完了」をタップして終了してください。QUICPayをご利用いただけます。
8

カードがWalletに追加されたら、右上の「完了」をタップして終了してください。QUICPayをご利用いただけます。

  • カードにより引き続き認証設定が必要な場合があります。

あとは、お店の端末に
かざすだけ!

  • Apple Pay対応デバイス
    iPhone 8以降、日本国内で販売されたiPhone 7またはiPhone 7 Plus、Apple Watch Series 3以降、日本国内で販売されたApple Watch Series 2で利用できます。
  • iPhone、Apple PayはApple inc.の商標です。
  • iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
  • iPhoneの画面は実際と異なる場合があります。